« 麻生太郎、好きかも | トップページ | 今日買った本 »

2007/06/28

文章と罫線の関係

紙のメモ帳には大きく分けて3つのタイプがある。無地、横の罫線、縦横に罫線があるグリッド。それぞれに特徴があり、好み以上の甲乙は付けがたい。なので、同じメーカーから同じ外見で3種類のタイプのメモ帳が出ていたりする。

基本的に僕は無地の人である。絵を描くのに慣れているからかデザイナーという職業柄なのか、メモには必ずと言っていいほど図が入るので、罫線が邪魔になるからだ。直線だけで構成される図などにはグリッドがあると便利なのだろうけれど、そういう図とは限らないので、結局無地を選んでしまうのだ。

パソコンでメモを取ったりちょっとした文章を書いたりするときにはエディタを使う。基本的にエディタの画面は無地であるのだけれど、罫線を表示させることのできる物もある。紙のメモ帳では無地な人だけど、考えてみればエディタでは文字しか書かないのだから罫線があってもいいはずである。いや、罫線があった方がいいかも知れない。ということで、最近メインで使い始めたiText Expressというエディタで、試しに罫線を表示させてみたところ、これがなかなかよろしい。

罫線が最も効果を発揮するのは長文である。文章を書くときには何度も読み返しながら書くのだけれども、罫線があると読みやすいのである。読みやすいということは、書くことを邪魔しないということで、それは書きやすいということにつながるのだ。自分で書いた文章が整然と並んでいる光景は清々しくさえある。

問題と言えば、自由度が下がったために文章がやや固くなることだろうか。まぁ、それは慣れの部分も大きいだろうから、しばらく使ってからまた考えてみようと思う。

|

« 麻生太郎、好きかも | トップページ | 今日買った本 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文章と罫線の関係:

« 麻生太郎、好きかも | トップページ | 今日買った本 »