パソコン・インターネット

2007/06/19

ちょっとのツール

Caminoを使いだしたあたりから、機能限定でさくさく動くツールが気になってきました。サブツール感覚でつかえる「ちょこっとツール」という位置の。それだけで全てがまかなえるわけではないのだけど、毎日使う最低限の機能はそろっているということです。ちゃんとブログもいいけど気軽にミニブログもね、みたいな。

とりあえず仕事以外だと、パソコンでよくやるのはサイトを見る、文章を書く、音楽を聴く、イラストを描くの4つです。サイトを見るサブツールはCaminoに決まったし、絵を描くのはだいぶ前から「Seashore」を使っております。今回は文章と音楽のツールをいろいろ探しまして、お気に入りが固まったので、まとめてアップです。

1 まず文章は「浮紙」というソフト。これは、フローティングウインドウで、書いていないときは小さくなるエディタです。DTP作業の時などにコピペするのに役立つよう作られたものですが、会社でこっそりネタを書くときにも重宝します。ワンクリックで隠れないようにもできたりします。

リンク: 浮紙(Macintosh / 文書作成)

音楽は、ちょっと前置きがいるかもしれません。基本的に音楽はiTunesで聞きます。ただ、登録するまでもなく一回だけ聞きたいPodcastとかがあるときに、そのファイルだけを再生するという用途で選んでいます。

Macamplitelogo

で、選んだのが「MacAmp Lite X」というソフト。ミニバータイプの音楽プレーヤーです。リストにファイルをドラッグ&ドロップして再生を押すだけ。これもフローティングでコンパクトモードになったりします。シェアウエアだったようですが、開発停止を機にパスワードを公開しているので無料で使えるようです。

ということで、メインツールを持っていつつ、さくさく日々を送るためにそろえたサブルツールの話でした。

リンク: MacAmp Lite X - Back From The Dead. Sort Of..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/11

シャープ、手書きパッドとワンセグチューナー搭載の電子辞書「PW-TC920」 - CNET Japan

リンク: シャープ、手書きパッドとワンセグチューナー搭載の電子辞書「PW-TC920」 - CNET Japan
テレビが見れて、写真や電子書籍の閲覧が可能。うーん、電子辞書がかなり高機能なデジタルデータ再生マシンとして発展してきました。やはり僕の求める「小型の再生機+キーボード付きちょっとメモ」はここにあるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/09

ミニブログにはタイトルがない

また一つミニブログと呼ばれるサービスに登録した。一応住み分けはできるつもりで。今度のは何に使うかというと、ズバリ、日記です。

かつてブログが流行り始めた頃、日記風簡易ホームページなんて呼ばれてましたけども。個人的には日記として考えたときには使いづらいなぁと思うところがあったんです。

理由はタイトル。ブログって基本的に個別のタイトルが必要になるじゃないですか。何かしらテーマがあって一つの記事を書く。それならまぁなんとかタイトルらしきものは書けるんです。もともとブログってそういうものですしね。でも日記となると、毎日テーマを持って生きているわけでもないし、雑多な日常からタイトルを掘り起こすというのはなかなか難しい。

あと、ネットならではだと思うんだけど、一日に何度も書きたいわけですよ。でも一日でまとめておきたい。そういう実はシンプルなところに奇麗に入ったのがFeecleというサービスです。

Twitter的に、だらだら書いては更新されるんですけども、コメントがぶら下がるのね。で、コメントされるとホーム画面のトップに現れるわけです。とにかく新しいのが上ということ。コメントが盛り上がるとずっと上にいる。だからもっと盛り上がる。

個人ページに行くと一日の囲みの中に時間順で並べられている。そして、一つ一つに画像とYouTubeが貼れる。コメントも画像なども基本的には折り畳まれた状態で表示され、アイコンとかをクリックすると大きく表示される。画像サイズとかも勝手にリサイズ。細かい設定だのカスタマイズだの一切なし。中身だけで勝負です。

まぁ、今のシンプルさは、今後いろいろ増えていったりするんだろうけど。この、コミュニケーション型ライフログという感じが、クイックでログな感じ。プリミティブな瞬間を保存している感じ。それってのが新時代の日記ではなかろうかと。日記というか時記。分記、秒記。びょうき?

リンク: Feecle

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/04

町役場で使うSkype

リンク: ITmedia Biz.ID:町役場で使うSkype——「チャットはメールより使いやすい」

沖縄県北谷町は町営施設のPC53台にSkypeを導入し、通話やチャット、ファイル転送に使っている。ITリテラシーの高くない利用者からは「メールよりSkypeチャットの方が使いやすい」という声も聞かれるという。実現までの道のりを同町の情報政策課が説明した。

メールの宛先を入力するのも手間取る人なんかには、いっそチャットの方がやりやすいんですと。なるほど。

ありますよねぇ、そういうの。知らない人の方が間すっ飛ばして使いやすい道を見つけちゃうって。ビギナーズラックとは違うんだけど、用語が思いつかない。

それとはちょっと違うんだけど、小学校の時から携帯電話使っている人間の感覚とかがこれからどんどん増えてくるわけですよ。無線でネットというのが、水道の蛇口ひねるようなどうでもいい当たり前さを持つ人種がさ。そういう奴らじゃなきゃ生み出せない世界というのが始まれば、中途半端な知識がある僕なんかは取り残され、もっと知識のない人たちはもっともっと取り残されたりするのかなぁとか思ってたんですけど。なんか中途半端な方がやばいのかなとか思ったりしましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/03

手軽に画像を加工するImageWell

Zz53e4d03b いつもやる作業の手順というのがあって、例えばそれを専用機能と呼ぶとすると、多機能よりも専用機能の方が断然使いやすいわけです。もちろん、ある限定状況のもとでですけども。

たとえばブログとかに画像をアップする時、作業としては何をやるかというと、デジカメの写真を縮小するとか、部分的に切り抜くとか、画面キャプチャを取るとか、ちょっとセリフ入れるとか、なんかそのへんですよ。デジカメや携帯に画像加工ツールがついてたりしますけど、そういうことですよ。ただ、毎日パソコンで画像いじるのを仕事にしている身には、気が狂いそうなほど使いづらいんで使ってませんが。

だからといって、趣味のブログで使う画像を縮小するだけのためにPhotoshop立ち上げるのもアホ臭い。

ということはいろんな人が考えてるようで、そういう機能に特化した画像変換ツールはいろいろあるんです。まぁ、たまに見つけては試したりしてるんですけど、ダウンロードしてその時だけ使っておしまいという物が多かったんですわ。そのなかで、唯一生き残ったのが「ImageWell」というソフトです。

まぁ、波長とかそういうとこでしっくりきただけなんでしょうけども。初期画面では画像の縮小に特化されてまして、切り替えるごとにいろんなことができるんです。なんかよう分かってはるなぁと。作業の頻度とか計算されてるんですよ。ファイル名もランダムでつけられたりね。ブログの記事もそうだけど、名前つけるの面倒じゃないですか。別にブログにのせるときに名前替えられちゃったりするし。でもつけるとなると変に考えたりするじゃないですか。そういうことが分かってるわけです。

要するにオススメということです。

この記事に貼った画像もImageWellで作りました。ImageWellでキャプチャするとImageWellが消えてしまうので、普通にキャプチャしたのが悲しかったですけども。加工とかサクサクで。なによりソフト自体も動きも軽いんですわ。

リンク: ImageWell, the Free and Lean Image Editor

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/27

ニュースへのリンク

今まではYahoo!のニュースページでニュースを見てたんだけど、つぶろぐを始めたこともありGoogleニュースに切り替えました。Yahoo!のニュースは他のニュースサイトのコピーを金払って集めてるだけなんで、そこにリンク貼るわけにいかないじゃないですか。わりとすぐ消えちゃうし。
契約の問題なんでしょうけど、写真とか載ってなかったりするしね。そうなると、ヘッダだけ表示してリンク先は全部ネタ元に直接飛ぶGoogleニュースの方がいいんです。新聞系のサイトが全てRSS配信してくれればいいんだけども、そうもいかないし。
なんつーかWEB2.0ってのは、見るだけじゃなくて、もちろん参加するわけじゃなくて、俺の使いたいように使えるか?ってことなのかなぁと思ったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/26

プリントはメンテナンスか受け取りか

子供の写真をプリントアウトしようとしたら、プリンタの調子がおかしい。インクがうまく出ていないようで、変なスカスカしたものがプリントアウトされた。ヘッドのクリーニングと試し印刷を繰り返せばいいのだけど、なんだか面倒になってしまってフジカラーのオンラインプリントを注文し、通勤途中にセブンイレブンで受け取った。前に、親に写真を送った時は、オンラインプリントで発送先を親の住所にしたので取りに行く手間すらはぶけた。まぁ、メセージ的なものとか入ってないけど、手間があると送ることそのものを先延ばしにしてやめてしまう人なので、かなりオンラインプリント様々である。

うーむ。やはりそんなにしょっちゅうプリントしないのならば、メンテナンスの面倒臭さを考えるとプリンタは必要ないかも知れない。場所も取るし。パソコンで探したお店の地図なんかは画像としてPalmに取り込めばいいし、クーポンなどもプリントではなく携帯電話で表示させれば良い。持ち出せるなら紙じゃなくてもいいわけだ。

プリンタ捨てるかなぁ。フリーで仕事してた時に買ったから、無駄にA3。ほんとにでかいんだよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワイドモニタ

リンク: パソコン用ディスプレーのワイド画面化進む : ニュース : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

横長(ワイド)タイプのパソコン用液晶ディスプレーの売れ行きが増加していることが、調査会社BCNの調べでわかった。ディスプレーに表示する情報量の増大ともに、デジタル放送などをより高精細に再生する機会が多くなってきたことが背景にある。

液晶モニタ検討中の人間としましては、当然ワイドが気になる存在です。というか、今買うならワイド19インチだろうと決めております。たぶんそれが最もポピュラーな設定になっていくんじゃないかと。元WEB屋としては、どうしてもそこが気になるんだよなぁ。みんなが見ているサイズというやつにさ。

ワイド化の理由として、新OSウィンドウズ・ビスタに情報表示のためのサイドバー機能が付属したことが挙げられる。

とか書いてるんだけど、それはないでしょう。市場に目につくほどの変化を与えられるほどビスタはまだ必要とされてない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/24

エキサイト「つぶろぐ」

リンク: エキサイト、ウェブサイトやブログ記事にコメントするミニブログサービスを開始.

エキサイト(株)は24日、インターネット上のウェブサイトやブログに対するコメントを記述するミニブログサービス“エキサイトつぶろぐ”(http://tsublog.excite.co.jp/)を本日公開したと発表した。利用には同社のウェブサービスを利用するのに必要な無料会員登録制度“エキサイトID”のIDが必要。

ようやっとTwitterのコンセプトを正しく進化させたサービスが生まれたような気がします。日本人に合うように味付けを変えて輸入した感じでしょうか。適当につっこみたいニュースとか、そういうものに対してブログできちんとエントリあげるまでもないものを拾うことができるからミニブログと呼べると思います。ニコニコ動画のテキスト版という感じかな。僕のネットスタイルにはかなりマッチしたサービスです。こういうの待ってたかも。
http://tsublog.excite.co.jp/user/decoct_design/

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/05/22

Googleらしさを専門にあつかう仕事

リンク: グーグル文化の担い手S・サリバン氏の仕事 - CNET Japan.

もっとも難しいことの1つは、われわれがGoogle的な従業員に備えて欲しい資質を持った人材を雇用するよう務めることだと思います。Google的というのは、非常に柔軟性、適用性があり、肩書きや階層構造には拘らず、とにかく仕事を片付けることです。

Googleは今やブランドとして定着している。IT関連業界でGoogle的なと言えば、おそらく意味は伝わる。そして、そのブランドを維持するのは相当に大変である。それが最高文化責任者という仕事だろう。

例えば船医が時に船長に命令するように、技術スタッフの暴走を押さえたりすることも必要だろう。技術スタッフが最も重要視される現場で、そのスタッフに命令をするというのはなかなか大変そうだ。

それでも、理念でもブランドでも何でもいいけれど、その会社らしさという目に見えないしそれ自体はお金を生まないものは、数年先にも経営を続けるためには必要な事だと思う。

Googleはまだまだ行きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)