学問・資格

2007/05/15

サインペンとA4用紙で打ち合わせ

サインペンをメインに使い始めると、その太さゆえ手帳とかでは収まらないので大きな紙が欲しくなる。ということで、社内の打ち合わせの時は、クリップボードにA4の裏紙をはさんでサインペンでメモるという運用を始めた。

書いた紙はバインダーにはさんで時系列に取っておくといいかなぁというくらいのつもりだったのだけど、このメモは思わぬ効果を生んだ。個人メモではなく、ホワイトボード的な役割を持ち始めたのですよ。大きな紙にくっきりと太く発色の良いペンで書くと、数人で会議やる場合全員が見えるんです。そして、そこに向かってみんなが発言し、みんなで書き込んだりしてパブリックなメモみたいなのがリアルタイムで生まれるようになった。閉じることのないクリップボードに、しかも裏紙という気安さもあるだろう。とにかく、いろんな要素が上手い具合に働いて、このパブリックメモが生まれた。

もうしばらくこのまま使っていれば、よりブラッシュアップされた使い方になって行くだろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)