グッズ

2007/07/09

ボトループ

最近カバンを変えまして。ウエストバッグに最低限の荷物を詰めてショルダーバッグとしてかついでおります。無駄な荷物を常に持ち歩いていた日々がウソのように、軽い足取りの日々です。

ただ、暑くなってきたんで、ふらっとコンビニ寄って炭酸水などを買うわけですが、これがくせ者でして。ペットボトルって素手で持ち歩くようにはできてないんですよ。当たり前ですけども。まだ飲みながら歩いているぶんにはいいんですが、これで電車に乗ったら最悪です。特に僕は通勤時の電車内では文庫本を読むのが好きなもんで、指にペットボトルの飲み口部分のでっぱりを挟んで、同じ手で文庫本を開いて読みながら吊り革につかまるという芸当をこなしております。これは指の力を鍛えるには申し分ないんだけども、本は読みづらい。

そこで購入したのがこちら、「ボトループ」という商品です。

P1012494_4

20cmくらいのナイロン製のベルトで、先端にある輪にペットボトルを引っかけてぶら下げるという単純な仕組みなんだけども、これがすごぶる良い。手首にぶら下げると、長さは少し余裕があるので、そのままペットボトルをつかんで飲むことができます。ペットボトルは自重で締められているので外れる心配も全くなし。途中についているカラビナでベルトループなどにかけることもできます。本体も軽量コンパクトだし、なにより400円弱という安さも魅力。

P1012492

ハンズのアウトドアコーナーで買ったんだけど、他の似たような商品はペットボトルを固定する部分がリングのゴムで無理矢理こじ開けなきゃいけなかったり、ベルトの長さが肩掛け用の長過ぎるものかカラビナのみの短過ぎるものしかないので使いづらい。しかもボトループの倍以上の値段。断然ボトループです。おすすめ。

http://www.bottloop.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/05

ヨコ型のクリップボード

ついにシーサインの青を使い切りました。明日買わないとなぁ。

というのはさておき。

A4用紙とサインペンであらゆるメモを書きなぐるという環境で仕事してるわけですが。ペンの方はシーサインの青で決まってるわけです。紙はコピー用紙の裏紙、というのも決まっているわけです。あと何が残っているのか。それは、書く時に紙をはさんでおくクリップボードです。

今使っているのは何の変哲もない100円とかで買えるプラスチックのクリップボードなんですが。ちょっと欲が出てきまして、フタ付きっていうんでしょうかね、二つ折りにして紙を保護できるやつ。回覧板とかで使われがちなやつです。あれにしたいと思い立ったんですよ。

それで、ネットで検索したり文具屋見てみたりしたんですが、ないんですよ欲しいのが。色とか材質とかもあるんですけども、一番のネックは、僕が使っているクリップボードはヨコ型だということなんです。A4をヨコに使っているわけです。いわばワイド画面。縦の方がすっきりするんですけど、ざっと書いて横になにか書き足したりとかするんで、ヨコ型の方がツブシが効く感じで便利なんです。これがまずかった。

フタ付きのクリップボードは圧倒的にタテ型なんですよ。フタなくてもタテ型が普通でヨコ型は珍しいんですけど、フタ付きになるともう比べ物にならないというか、未だ一個も見つけてませんよ僕は。

まぁ、ヨコ型のフタをどう開けるかとか考えたら、かなり使い勝手が悪そうなのも分かるんですがね。どっか血迷ったところが何かの間違いで作ってそうなもんじゃないですか。それがないんだなぁ。

なんか悔しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)